プライバシーマークという企業に必須事項を知る

組織は保有の情報資産にたいして、脅威、リスクアセスメントの実施マネジメントシステムを展開。
保護を必要とした資産には、デジタル情報、紙文書、物理的な資産(コンピュータ及びネットワーク)から、各社員の知識にいたるまで多岐に渡る種類があります。
ISO27001情報セキュリティマネジメントシステム認証取得は「情報の保存が如何なる場所(紙、データ、ネットワーク上)」でも、適切に保護をされてると顧客にたいして証明することになります。
ISO27001の管理策には、個人情報の漏洩防止、不正アクセスへなどの技術的な対策の他にも、事業継続管理、コンプライアンスまで、多岐に渡った管理策が準備されてます。
コレによって、組織は保有をする「情報」にたいして、均整のとれた管理ができるようになります。
ISO27001は、組織の「情報資産」を保護し、利害関係者や顧客に「信頼」を与えるために2005年10月に制定された国際規格です。

 

マネージメントシステムがあれば、組織の情報セキュリティを確立、実施、運営、監視、評価、維持、改善する事が出来ます。

 

情報セキュリティマネジメントシステムは、セキュリティ上の大事なリスクを特定し、情報を適切に取扱い、漏洩を防止することに役立ちます。
情報は“企業の成長と成功”に不可欠であり、また“情報セキュリティ”は“情報技術”よりさらに重要になってきています。
ISO27001認証によって、情報セキュリティに関して包括的な取り組みが実現できます。