プライバシーマークという企業に必須事項を知る

プライバシーマーク取得企業として個人情報の保護を適切に行なってる企業であることを社外に強力にアピール出来るのです。
プライバシーマークは、中立の立場である“第三者機関”が個人情報保護体制を審査した上で認定されます。
注目をプライバシーマークが集めてるのはこの点にも大きな理由があります。

 

プライバシーマークはJIS Q 15001に準拠した体制を構築できたときに認定をされるため、個人情報保護法とは直接の関係が有りません。
が、JIS Q 15001の要求事項は、個人情報保護法の要求事項と共通点が多く、また比較するとJIS Q 15001の要求水準の方が高いため、プライバシーマークを取ると結果として個人情報保護法対策の体制が構築できた事になります。
自社だけで個人情報保護体制を構築したものとは信頼的感じが異なるのです。
プライバシーマーク取得の最大の長所は、取引先や顧客など社外に対する強力なアピール力です。

 

プライバシーマーク取得企業は、そのホームページとか広告、社員の名刺などにプライバシーマークを掲示する事で、個人情報保護に対する信頼性を広く訴えかけることが出来ます。
プライバシーマーク取得の優れた点は、その前提として社内に効果的な個人情報保護法対策の体制が確立することがあげられます。