プライバシーマークという企業に必須事項を知る

プライバシーマーク制度(Pマーク)は1998年4月に発足をしました。

 

プライバシーマーク制度は、個人情報保護のマネジメントシステムが構築をされ、それに関して教育等による周知徹底した上で、実際に運用しその状況を監査して必要な見直しが行われている事を申請の条件としてます。

 

プライバシーマーク制度の審査は財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)と7つの指定の機関等が実施してます。
プライバシーマーク制度は個人情報保護体制確立の認定制度であり、認定を受けるにはJIS Q 15001:2006に準拠した社内体制の構築が必要です。

 

プライバシーマーク(Pマーク)制度とは個人情報の保護を適切に行なっていると認定された事業者に、それを示すプライバシーマークが与えられ、その使用を認める認証制度の事です。

 

プライバシーマークの認定を受けると、名刺やホームページ(サイト)、企業広告などにプライバシーマーク(Pマーク)を使用出来、個人情報保護に対する信頼性を広く訴え掛けることができます。

 

つまりプライバシーマーク制度はマーク自体をさす以上の意味が有り、個人情報保護体制確立の認定制度なのです。

 

最近は取引の条件としてプライバシーマークの取得を条件とした企業が増えていて、個人情報をとり扱う企業にとってはプライバシーマーク(Pマーク)の取得が重要なモチーフとなってます。